カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

カウレザー(牛革)



牛革は世界的に一般的な原皮といわれるほど現在でも一番多く使われており最もポピュラーな存在です。
レザーといえば牛革を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
そのカウレザー(牛革)も月齢や性別により革質が異なり様々な種類があります。

・カーフ:生後6ヶ月以内の仔牛の革です。生後間もないため傷が少なく、表面も滑らかで繊維も細かく柔らかいのが特徴です。
その変わりに強度はそれほど高くなく、ドレッシーな高級革製品などに使われることの多いレザーです。

・キップ:生後6ヶ月から2年までの中牛の革です。上記のカーフに比べ滑らかさは劣るものの、革が厚く強度もあるため加工しやすく美しさも持っています。

・ステアハイド:生後3ヶ月から6ヶ月の間に去勢されたのち生後2年以上の牡牛の革です。比較的革の厚みが均一で表面もキメ細かいのが特徴です。また牛革の中でも一番の強度を誇り、昔からライダースジャケットなどにも使われています。

・カウハイド:生後2年以上で、出産を経験した牝の成牛の革です。厚さ・強度がキップとステアハイドのほぼ中間でバランスの良い牛革です。

・ブルハイド:生後3年以上の牝牛の革です。一番歳をとっているぶん傷が多くキメは粗くなりますが最も厚みがあり強度も高いです。傷を目立たなくするように型押しなどに使われることが多い革です。

・バッファローレザー:正確には牛革とは違いますが、同じ系統、水牛の革のことをこうよびます。厚みがありながらもソフトな質感で独特のシボが特徴です。

ヌメ革
カウレザーウォレット(財布)
はこちら

バッファローウォレット
バッファローウォレット
はこちら

カウレザー(牛革)のお手入れ方法はこちら

ページトップへ