カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

革?と皮?

革?と皮? 読み方は同じ「かわ」でもどちらが正しいかはご存知でしょうか?
正解はどちらも正しいのですが、一般的に財布や鞄、ファッションアイテムとして使われてるいるものは、「革」です。
そもそも革と皮の違いですが、皮は皮膚という漢字にも使われている様に動物の皮そのものを指します。しかし動物の生体から分離された皮(皮膚)は、すぐに腐敗やカチカチに硬くなってしまう硬化が進み、道具としては使うことができません。
そこで道具として使えるように「鞣し」(なめし)という工程を経て、道具として使える「革」に生まれかわらせます。
つまり、ファッションアイテムなどに使われているものは「革」、そのままの動物の皮膚を「皮」といいます。

カウレザー(牛革)



牛革は世界的に一般的な原皮といわれるほど現在でも一番多く使われており最もポピュラーな存在です。
レザーといえば牛革を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
そのカウレザー(牛革)も月齢や性別により革質が異なり様々な種類があります。

・カーフ:生後6ヶ月以内の仔牛の革です。生後間もないため傷が少なく、表面も滑らかで繊維も細かく柔らかいのが特徴です。
その変わりに強度はそれほど高くなく、ドレッシーな高級革製品などに使われることの多いレザーです。

・キップ:生後6ヶ月から2年までの中牛の革です。上記のカーフに比べ滑らかさは劣るものの、革が厚く強度もあるため加工しやすく美しさも持っています。

・ステアハイド:生後3ヶ月から6ヶ月の間に去勢されたのち生後2年以上の牡牛の革です。比較的革の厚みが均一で表面もキメ細かいのが特徴です。また牛革の中でも一番の強度を誇り、昔からライダースジャケットなどにも使われています。

・カウハイド:生後2年以上で、出産を経験した牝の成牛の革です。厚さ・強度がキップとステアハイドのほぼ中間でバランスの良い牛革です。

・ブルハイド:生後3年以上の牝牛の革です。一番歳をとっているぶん傷が多くキメは粗くなりますが最も厚みがあり強度も高いです。傷を目立たなくするように型押しなどに使われることが多い革です。

・バッファローレザー:正確には牛革とは違いますが、同じ系統、水牛の革のことをこうよびます。厚みがありながらもソフトな質感で独特のシボが特徴です。

ヌメ革
カウレザーウォレット(財布)
はこちら

バッファローウォレット
バッファローウォレット
はこちら

カウレザー(牛革)のお手入れ方法はこちら

クロコダイル(ワニ革)



独特の模様が魅力的なエキゾチックレザーの中でも代表格と言えばクロコダイルです。
野生のクロコダイルは絶滅の危機の恐れがあるため現在では、ほとんどが養殖所で育てられたものが流通しています。それでもワニ革として使用出来る大きさになるのには、最短で3年ほど飼育時間がかかり、卵を産める親ワニになるのには約10年と長い年月がかかるため需要に供給が間に合わなくなっている現状です。そんな影響から近年では更にワニ革の商品価値が上がり入手が困難になってきています。
それでもワニ革特有の高級感や風合いは他の革とは別格ですので、その魅力に魅せられる人が後を絶ちません。
皮革の宝石と形容されるように日本だけでなく世界的に最高峰なプレミアムレザーです。
また、同じワニ革でも背中の大きなウロコを活かした「背ワニ」と腹部の「腹鱗板」を使った「肚ワニ」があります。背ワニは突起状のウロコならではの「ワイルドな印象」をもち、肚ワニは独特なウロコ模様の「エレガントな印象」です。一般的に同じワニの場合「肚ワニ」の方が価値は高いとされています。
日本では生息、養殖されていないクロコダイルですので日本にあるものは全て海外から輸入された物ですが、現在ではワシントン条約で規制されており、日本に輸入するには輸出国の政府が発行した許可書と日本(経済産業省)の許可書が必要になります。

クロコダイル財布
クロコダイルウォレット(財布)
はこちら

クロコダイル(ワニ革)のお手入れ方法はこちら

シャークスキン(サメ革)



表面の特徴は頭部から尾部に向け細かい連続した編目状に凸凹があります。
レザーの中でもシャークスキン(サメ革)は丈夫で、ナイフを入れてもカット出来ないと言われるほど高い強度を誇り、また水にも強いのが特徴です。
近年ではその丈夫さと存在感からアメリカの屈強なブーツブランド『ホワイツ』の別注素材でも使われ、『ロレックス』『ブライトリング』などの高級腕時計ブランドも時計の革ベルトとしてシャークスキン(サメ革)を採用しています。
また、鮫は他の動物のように養殖することが難しいことから希少性が高く、使えば使うほどに柔らかさと艶が増す高級素材です。

シャーク
シャークウォレット(財布)
はこちら

シャーク(サメ革)のお手入れ方法はこちら

スティングレイ(エイ革)



エイは昔から『泳ぐ宝石』と呼ばれており、革もそのなの通りビーズを一面に弾き詰めたような特徴的なレザーです。
スティングレイは革質が非常に硬く傷もつきにくいため加工が難しく特別な技術が必要なため希少です。
また、『スティングハート』と呼ばれる、白い斑点状の光を感知する第三の目が背中の中心部分にあり、エイ一匹に一箇所しかないため、この部分が使われているものは更に価値があるとされています。
一般的にレザー製品として使われる「スティングレイ」(エイ革)は毒針を持つ種類のアカエイです。
ビーズのような特徴的な細かい突起物の主な主成分は、人間の歯と同じリン酸カルシウムですので磨けば磨くほど光沢感が増す性質を持っていることからお手入れすることにより長年輝きのある質感を楽しんでいただけます。
また、美しいだけではなく、『カウレザー』(牛革)30年、『スティングレイ』100年と称されるほど耐久性を持っています。


スティングレイウォレット(財布)
はこちら

スティングレイ(エイ革)のお手入れ方法はこちら

パイソンレザー(ヘビ革)



蛇革は美しい鱗(ウロコ)が特徴的です。主にニシキヘビの革をパイソンと呼び、中でも鱗の模様がダイヤ型(菱形)になっているものを『ダイヤモンドパイソン』、石垣状のものを『モラレスパイソン』と呼びます。
一見、強度が弱そうに思われますが鞣し後は丈夫な革になり、鱗(ウロコ)も魚の鱗(ウロコ)と構造が違い頑丈な繊維構造となっているため、他の革と同様に経年変化を楽しめるエキゾチックレザーです。

パイソン(ヘビ革)のお手入れ方法はこちら

オーストリッチ(ダチョウ革)



オーストリッチは飛べない鳥として鳥類最大のダチョウの革です。
一般的にレザーに使われる動物は哺乳類や爬虫類がほとんどですが唯一の鳥類がダチョウ(オーストリッチ)です。
ダチョウの皮を革製品として使う場合は羽を抜いて用い、その羽の抜いた後が丸く突起しており独特の美しい模様となって他の革には無い特徴的なレザーです。
その突起の模様を通称「クイルマーク」とも呼びます。
立体的な革構造は布のように絞っても問題無いほどに丈夫で柔軟性に富んでおり使うほどに馴染んできますので味を楽しみながら愛用していただけます。

オーストリッチ(ダチョウ革)のお手入れ方法はこちら